私は発達障害

【私は発達障害】私はなりたくて大人の発達障害になった訳じゃない

私は発達障害
【私は発達障害】私はなりたくて大人の発達障害になった訳じゃない

 

私は大人の発達障害です。

とくに顕著なのが、ワーキングメモリが低く、かつADHDの注意欠如が強くでています。

多動性はありません。

よって、話したことを覚えていない。または覚えていても、時間の経過と共に記憶が歪んで上書きされる。
そのため、自分と一緒に行動をした人との過去の会話がかみ合わない。

大事な約束も書いておかなければ、きれいさっぱり忘れてしまう。

せっかく書いたメモも、時には見ることすら忘れてしまう。

家の中でも、物をあちこちに置きっぱなし。

もちろん、後で置きっぱなしに気が付けば片付けます。

これが一緒に暮らす人ともなれば被害は甚大です。

妻との会話は食い違いが頻発。

私の置き忘れは妻が片付けます。

些細なことなら良いのでしょうが、小さなことから大事なことまで話が食い違い、かつそれが頻繁ともなると妻の方もだいぶイラッとするのは当然でしょう。

ストレスも溜ります。

 

ですが、私はなりたくて発達障害になった訳ではありません。

生まれつき脳の機能障害でこうなってしまったのです。

憐れんで欲しいと言っている訳ではありません。

同情して欲しいと言っている訳でもありません。

ただ、私が発達障害であることに関して、私にどこか落ち度があるのでしょうか?
一体、私のどんな落ち度が原因で発達障害になってしまったのでしょうか?

そこだけを理解して欲しいです。

きっと、発達障害に今まで直接かかわりのなかった方であれば、私のコメントにご理解していただける人もいると思います。

ですが、かかわりを持って暮らしている人達は必ずしもそうではないでしょう。

一緒に暮らしている定型の方達は発達障害の人のフォローに明け暮れ、精神的疲労を受けていると思います。

ですので、私が自分の落ち度について訴えれば、フォローしてくれている方達も、自分のどこが落ち度で精神的疲労を受けているのでしょう?と言いたくなると思います。

つまり、どちらにも非はなく、永遠に着地のしない不毛の議論になってしまうのです……

ほんとに自分が発達障害であることが悔しい!

悲しい……

 

それでも、私は自分が発達障害だということを知ってから、あらゆる努力を今も継続しています。

病院に通い、薬も飲んでいます。

周りの人に迷惑をかけたくない!

妻にも嫌な思いをさせたくない!

だから少しでも忘れないように、話がかみ合わなくならないようにメモをとり、注意欠如者としての意識を持ち、注意を払って生きているのです。

それでも忘れてしまうのです。

話が食い違ってしまうのです。

大事な用事を忘れて会社の人や妻に迷惑をかけてしまうのです。

決して注意欠如について怠惰に取り組んでいる訳ではありません。

それでも私はADHDなのです。

 

もう一度書きますが、私は発達障害になりたくてなった訳ではありません。

生まれつき脳の機能障害でこうなってしまったのです。

憐れんで欲しいと言っている訳ではありません。

同情して欲しいと言っている訳でもありません。

一生懸命、再発防止に取り組んでいるのですが改善されないのです。

 

そのせいで、妻は疲弊しています。

その疲労は妻のせいではありません。

妻には何の落ち度もありません。

妻の疲労は私が原因です。

でも、妻と一緒に仲良く穏やかに暮らしたい。

 

私はどうして発達障害なのか……

 

愚痴は何の解決にもなりません。

 

けど、記憶力がもっと欲しい……

 

また明日から頑張ります。

挿絵もないのに最後までお付き合いくださりありがとうございました。

 

なお

第3回

2022.01.9
2022.01.10 追記&編集

【カサンドラな妻への償い】私はなりたくて大人の発達障害になった訳じゃない

 

 

タイトルとURLをコピーしました